マロウのお茶!

こちらが噂のマロウ(ウスベニアオイ)のお花@赤羽公園でございます☆
f0077595_10202983.jpg
「マロウ」(ハーブ図鑑)より引用して、以下に転載させていただきます。

ローマ時代から薬草、あるいは野菜として栽培され、紀元800 年に西ローマ帝国を築いたカール大帝は、このハーブを「領内の畑や庭に植えよ」というお布令を出しました。
マロウがどんなに重要な作物であったかがうかがわれます。

利用法:
花は生でサラダにしたり、乾燥させてティーにするとブルーになり、

葉は野菜としても活用できる!

ヨーロッパ南部、西アジア原産のハーブ。古くから、まだやわらかい若い葉は野菜として食用され、花弁や葉でいれたティーは、うがい薬や咳止めなど身近な民間薬として重宝されてきました。のどあめ、ハーブキャンデーなどにも配合されています。日当たりのよい肥沃な土を好みます。なお、耐寒性もあり、とても丈夫ですから、栽培は簡単です。ドライにした花はティーの他、ポプリの彩りやスチームフェイシャルなどにも利用できます。


~ 引用おわり ~
f0077595_15385053.jpg
cosmosさんが、グラスにお水を注ぎ、その上にマロウのお花(ドライ)をパラパラと…
贅沢にも、水出しと、ホットティー(もちろんポットで♪)の両方を用意して下さいました!\(^o^)/
f0077595_15385024.jpg
澄み切った美しい色!どちらも私の大好きな色で、うっとりです~!!
青いサンゴ礁を想起させる美しいブルーグリーンと、スミレの花のような綺麗な紫色。素敵過ぎる~。
f0077595_15385058.jpg
マロウは喉に良いということなので、時々咳の出る私にぴったりのハーブです。
かすかな酸味とまろやかな甘さが口の中に広がって、口の中もさっぱりして嬉しいです!
f0077595_15385033.jpg
美しい色と香りに誘われてエンジェルたちも集まってきましたよ(#^.^#)
さて… お次はレモンを入れて(まるで実験室!?)色の変化を楽しみましょう~☆るん☆
f0077595_1538509.jpg
cosmosさんは私の図々しいリクエストにも快く、笑顔で応えてくださいました。
[PR]

by palty-yuria | 2012-06-03 15:22 | ご馳走・外食