自分も大切にしよう!

我がブログのコメンテイター、ひろりんさんが過労で倒れて入院しました。
ここ数ヶ月「休んでも疲れがとれないし、寝ても疲労感が抜けないのよ。」と
時々メールをもらっていたので、心配していた矢先の出来事でした。

彼女とは、東京の某損害保険会社のコールセンターで一緒でした。
お互い書類審査と一時面接をパスして、最終面接の時に知り合った私たちは
3ヶ月以上に及ぶ研修を経て業務が始まってからも、ずっと一緒に励ましあって
切磋琢磨してきた最高の同僚であり、親友であり、介護仲間でもあります。

私が仕事を辞めて実家に戻って数ヵ月後、彼女もお母さまの介護の為に郷里に戻られました。
似たような境遇に置かれた私たちは、お互いのブログを通してさらに絆を深めてきました。

ひろりんさんは「私は母一人みてるだけだから!」といつも明るく言っていたけど…
認知症でほぼ寝たきりのお母さまを、ご自宅で一人で看るのはどんなに大変だったことか!
とても優しくて大人しいお母さまだから、デイサービスやショートステイも使ってくれて
それはとても良かったと思うけれど、ひろりんさんには私のように「シェルター」がなかった。
ご兄弟は介護に非協力的で、手伝ってくれるどころか時々酷い非難を浴びせたりしていました。

今、お母さまはお一人で施設にいらっしゃるそうです。(ショートステイを利用して)
ひろりんさんが元気に戻って来てくれるのを、心待ちにしていらっしゃるだろうなぁ。

でもひろりんさん、今はお母さまのことも、ご兄弟から受けたひどい仕打ちも全部忘れて
のんびりゆっくりしていて下さい!お見舞いに行けなくて、本当に申し訳ないけど…。
ひろりんさんに本物の笑顔が戻るまで、私は応援し続けます!!

私自身、長期間に渡る過労と睡眠不足がたたって、かなり疲れているな~と感じます。
一日や二日休んだだけじゃ拭いきれない重くネットリとした疲労感を抱えたままで
日々エネルギーをチャージしてがんばっていますが、「休めない」という心の重圧が
疲労感を加速させて、時々全身の力が抜けて立ち上がれないことがあります。

今日も、朝から微熱があって眩暈や耳鳴りもしてきたので、さすがにもうダメかも…
と感じて、午後から休ませてもらうことにしました。(←体の声に従いました)
シェルターに戻ったとたんに空気が違うのがわかって、心が癒されるから不思議です。
本当に、自分の部屋だと呼吸も落ち着いてゆっくりになるから、すごく楽になります。

そして今日は思い切って「もっと休ませてもらわんと、私が倒れてしまうかもしれんよ。」
と、父に言いました。(初めてじゃなくて、父にも姉にも、折に触れ訴えてはいるのです)
最初はとぼけて聞こえないふりをしていた父ですが、もう一度大きな声で繰り返すと
かすかにうなずいて、小さな声でボソボソっと「ふーん」って…。
で、その後ヨロヨロと部屋を出て行ったかと思うと、寝室でフテ寝してました!(^_^;
でもね、私が実家を出る時には起きてきて「ゆっくり休んでなぁ」と言ってくれたから
私が疲れ果てていることは、少しは伝わったのではないかと思います。

「私も生身の人間なんだよ」と父に言ったら、ビックリしたような顔をしてたっけ。

介護していても、自分の人生を大切にしなければ!楽しまなければ!!
自分が健康で幸せじゃなければ、真心の介護はできません。何よりも元気じゃないと、ネ!
結局私が倒れたら、両親の生活は、とたんに立ち行かなくなるのだから…。

でも、そんなことはみんなわかっているの。介護をしている当人がね、ひしひしと。
それでも休めない。放り出せないことが、たくさんたくさんあるからです。
誰もが私のようにワガママで怠け者になれるわけじゃ、ないのです。
一人でも親の介護をしようとする人たちは、その優しさが、自分を追い詰めるのです。


ということで、私は、これから横になります。 (きっぱり)

重い話を最後まで読んでくれてありがとう! 引き続き、美しいお花の画像をお楽しみください。
 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓ 
[PR]

by palty-yuria | 2010-05-03 13:24 | 人生の目的・歩み