<   2008年 08月 ( 60 )   > この月の画像一覧

いつものイカ(笑)

f0077595_13322270.jpg
1パックに山盛り入って、たった150円の「べいか(水イカ)」君。
母があまりにも哀れだと申しますので… (もっと高く売ってあげないと)
心を込めて、大根と里芋と一緒に炊いてみました。
ちょっと濃い目の甘辛味です。ご飯が(ますます)進むゾォ~!!!
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-31 13:32

こんなふうに…

f0077595_1362178.jpg
父と母が元気に散歩できる日が、きっといつか訪れますように。

遠からぬ未来、私もこうして愛する人と連れ立って歩けますように。
もちろん私と彼は、仲良く手を繋いで歩きます~♪(笑)

今日は、母1人で初めてのデイサービス。
(今までいつも途中で呼び出されて迎えに行っていましたが、今日は最後まで行かないつもりです。)
9時半から3時過ぎまでの長い時間、ちゃんと向こうで頑張っていられるかな?
ちょっと心配ですが、施設の皆さんを信じてお任せしようと思います。

…というわけで、久しぶり(ほぼ1ヶ月ぶり!)にアパートに来ております。
あと少しだけ滞在したら実家に戻って洗濯と猫の世話と、夕食の支度をしなくっちゃ!
久しぶりに1人の時間が持てて、今日は(も)、とても幸せです。(^・^)
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-31 13:06

セピア色のアルバム

f0077595_12153249.jpg
f0077595_12154850.jpg
f0077595_1216373.jpg
朝からご機嫌の母。
どうしたのかと思ったら、こんな写真を眺めていました。
色んな事は忘れても、結婚記念日(9月27日)は、覚えていた母ですから…

この写真を見ると、私はやっぱり母親似なんだなぁ…と思います。
母に言わせると「〇〇ちゃんのほうが、少しだけ別嬪さん!」…らしいですが(笑)。
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-30 11:12

施設にて(8月28日)

f0077595_21172072.jpg
f0077595_21172010.jpg
f0077595_21172076.jpg
f0077595_21172081.jpg
今日は結局、母が通院で疲れ果ててしまったので父の見舞いに行けませんでした。
夕方は、父の歩行器のレンタル契約にケアマネージャーさんと業者さんが見えたりして、相変わらず忙しい一日でした。

明日は、母がデイサービスに行ってくれている午前中に父の服を買いに行ってこようと思います。気に入ってくれるような、ぴったりサイズが見つかりますように!
画像は昨日の光景。この後すぐ、母の根気が尽きてうちに戻ったのですが…
それでもやっぱり、母の存在が、父の生きる力の源だから
諦めないで根気強く、母の通所を続けていきたいと思います。
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-29 21:17

降れば土砂降り

f0077595_13484840.jpg
今朝早くタクシーを呼んで、母の通院に付き添って来ました。
簡単な問診の後、先生のお話を聴く為に母を待合室に連れて行きましたが、前回の教訓をいかして、うちで用意してきたカードを渡しました。

《先生の説明をきいてくるので、このソファーに座ってしばらく待っていて下さい。》と書いた、二つ折りのカードです。
その甲斐あって、今回は、無事に待っていてくれました。
まるで迷子の幼子のような、不安げな表情ではありましたが…。
最後に、お薬の処方箋を出して頂き、薬局に寄って帰るともうお昼前。

食欲をストレートに表現する(笑)母のために、大急ぎでシーフードラーメンを作り、デザートに白桃を切って出したら、母は大喜び!食後のコーヒーと栗まんじゅうも、ペロっと平らげてくれました。 (続く)

画像は、私の足元で寛ぎまくる(笑)しまちゃん&クロちゃん。
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-29 13:48

作れば、癒される

f0077595_1750281.jpg
f0077595_17502825.jpg
今夜のメインディッシュは、鯛のお刺身(たっぷり二人前がセールで400円だったので♪)。

ですから、今夜のシェフは大自然を司る神様であって、
私は野菜の簡単お惣菜を三品作っただけですが!

母は、いつものようににこにこ顔で美味しい美味しいと、食べてくれました。
幸せだなぁ。。。
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-28 17:50

届きました~♪

f0077595_15243176.jpg
梅田智江さんの詩集です!縷衣香さん、ありがとうございます!!

正直、ゆっくり本を手に寛いで過ごせる時間は、まだ皆無に近いのですが…
この詩集が手元に在るだけで、何だか心がホッとして暖かな気持になります。
本の波動が伝わってくるからでしょうか?(^-^)

折りにふれ、ちょっとしたあき時間を見つけてページをめくらせて頂きますね。

縷衣香さん、風舞さん、そして天国のクレアゆうこさん、
本当に本当にありがとう!!!
私ってば… また、幸せになっちゃった~♪(o^-^o)

明日は母の通院日。
前回から(姉が来れなくなったので)私一人で連れて行く事になり、母の状況を一番よく分かっている私は不安だったのですが…
医師の「お宅のお母さんは、一人にしておいても勝手にどこかに行ったりしないから大丈夫ですよ!」との言葉を信じて、先生の説明を受ける間だけ、母に待合室で待ってもらったのですが…
戻ってみたら、モヌケのカラ!
ソファーに座って私を待っているはずの母が何処にも居なくて、大騒ぎになったのでした。
結局、病院の外まで私を探しに行っていたようで、何とか見つかりましたが、ホントに危ない所でした。

そんな母ですから家を一歩外に出たら、本当に文字通り、一瞬も、目が離せないのです。既に色々経験済みなのです…。
こんなふうに、アルツハイマーは、確実に母の認知能力を奪いつつあります。

でもね、最近の母はとても幸せそうなので…私も笑顔でいられるの。
ありがとう、お母さん。
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-28 15:24

時には溜め息もつこう。

f0077595_803195.jpg
早朝から、何度も父からの電話。
一人慣れない施設に入所した寂しい父は、軽度の認知症でもあり、こちらの都合などは全く念頭にないようで…

母は母で、「今日は何処にも行かない!」とダダをこねて私を困らせ
しまちゃんは寝室にウンチをするし
くろちゃんは、リビングにゲロを吐く。

その上朝から雨降りで、私の体調は絶不調。もし、一人暮らしだったら、絶対に数日寝込んでいるだろうなぁ…
そう考えると、今の境遇が有難いものと思えるから、お気楽気質がまた有難い!(笑)

画像はテーブルの上のイカを虎視眈々と狙うくろちゃんです!
ああ~、ホントに猫の手も借りたい気分です!!
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-28 08:00

ちょっと泣いた。

f0077595_1721251.jpg
施設からは若いイケメン君が普通乗用車で迎えに来てくれたので、母はご機嫌で、助手席に乗り込んでくれました。そのすぐ後、私は一人山道を下り、電車に揺られて市街地に出ました。

父が入院していた病院に医療費を支払い、銀行で各種支払いを済ませて、また電車に乗り…
自宅の最寄り駅で降りて、スーパーで買い物を済ませてから
大荷物を両手に抱えて傘をさし、雨降りの中、また30分の道のりを歩いて自宅へと戻りました。ふぅ~(笑)

帰宅後、洗濯をしながらアンパンをかじって軽い昼食とし、父と母の待つ施設にタクシーで駆け付けました。
疲れきって表情が険しくなった母をもてあました父からのヘルプコールが入ったからです。
今にも怒鳴り出し、あるいは泣き出しそうな母をなだめて一時間ほど施設内で粘りましたが、もう限界!
…と判断して、急遽タクシーを呼んで母を連れて自宅に戻りました。

残された父の寂しそうな様子に後ろ髪ひかれながらも、私の身体は一つしかないので仕方ありません。こんな時はやっぱり、近くで力を貸して下さる方が居てくれたらどんなに助かるだろう…
と、無いものネダリしてしまう、非力で何とも弱虫の私です。

でも!明日は明日の風が吹く!!
私は、時々凹むしめげるし、極めつけの泣き虫だけど… 決して自分を諦めません!


*次号に続く
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-27 17:21

久し振りに、一人。

f0077595_116480.jpg
f0077595_116427.jpg
昨日、父が病院から施設に転院しました。

前日のギリギリまで、部屋の状況(相部屋か個室か等)がわからなかったりして気を揉む事が多く、否応なしに新しい生活を迎えざるを得ない両親の不安な心情を想うと…心がキリキリと痛んで、ここ数日はほとんど眠れませんでした。

父の新しい部屋は個室ですが、急に入所させて頂いた経緯もあり、ショートステイを繰り返して、当分の間、お世話になる事になります。
部屋にテレビもテーブルも無かったので、急遽、私のアパートのテレビと折りたたみテーブルを運び入れ、やっと父の笑顔を見る事ができホッとしました。
くしくも昨日になって父の介護認定の通知が届き、母と同じ「要介護3」の認定を受けました。
これで、金銭的にはかなり楽になります。
数十秒前の会話さえ忘れてしまう母が、「〇〇ちゃん(←私の事です)が毎日お仏壇に手を合わせてくれたお陰だね!」と言ってくれた言葉が胸に響きました。

そんな母も、今日から父の居る施設にデイサービスに通い始めました!


*次号に続く
[PR]

by palty-yuria | 2008-08-27 11:06