<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花の都は、春爛漫!

f0077595_0435566.jpg
f0077595_0461487.jpg
f0077595_0433652.jpg
f0077595_16592.jpg
f0077595_0432579.jpg
f0077595_04252100.jpg
f0077595_110030.jpg
f0077595_0453520.jpg
f0077595_0441382.jpg

[PR]

by palty-yuria | 2008-03-29 22:33 | 散歩道 ・ 季節の詩

「若草物語」 in 銀座

f0077595_1957889.jpg
柔らかく匂い立つような春風に誘われて、花曇りの銀座へと…
「受難・復活美術展」に展示されている縷衣香さんの作品を拝見する為に
クリスマス展以来の銀座教会に、行って参りました。
f0077595_18283134.jpgf0077595_18284989.jpg















12時ちょうどの待ち合わせでしたが、15分ほど前に到着したので、チラッと教会の
中を覗いてから、付近をぶらぶら散策しました。柳のそばの桜も満開でした!
時間が来たので中に入ってすぐ、スーッと引き寄せられるように縷衣香さんの絵の
前にたたずんでいると、背中にお声がして、ご本人がいらっしゃいました。
縷衣香さんも早めにいらっしゃっていたのですね。(^・^)

そして、初対面の素敵な2人の女性を紹介されました。
凛とした美貌のIさんは、偶然にも私と同い年で京都の大学に行かれていたそうです。
もしかしたら当時どこかですれ違っていたかも!不思議なご縁だと思いました。
パステルカラーの柔らかな光をまとったMさんは、仕草も声も本当に可愛らしくて
誰もが癒される愛らしさの持ち主。お2人共、とても優しい雰囲気の女性です。

お2人は、自然に湧き出ずる幸せオーラで、肌が瞳が宝石のように輝いている
人間としても女性としても魅力的な方たちで、やはり縷衣香さんのご人徳ですね!

キリストの「受難」と「復活」をテーマに、様々な素材や表現方法で描かれた作品は
作家の個性が見事に発揮されていて、それぞれ魅力的で見ごたえがありました。
私はクリスチャンではありませんが、ミッション系の大学で学んだ聖書の知識が
こんなところで活かされるとは… 人生は、いと面白きかな!また、愛おしきかな!
f0077595_18314317.jpg
オルコット描く四姉妹のようにかしましく(笑)華やかな面々で、美味しいランチを頂きました♪

縷衣香さん、素敵なご縁と、素晴らしいひと時を、ありがとうございました。(^・^)
近いうちにきっとまた皆さんとご一緒に、楽しい時間を持つ事が出来る気がします。
[PR]

by palty-yuria | 2008-03-28 18:11 | 散歩道 ・ 季節の詩

怖がらないで、心配しないで。

f0077595_1322948.jpg
先程テレビを見ていて、エド・はるみさんの言葉にハッとさせられました。
「敵は、自分のマイナスな想像力だと思います」と、サラッとおっしゃった一言に。

「どうせ私なんか」とか「もう○○歳だから」と、マイナスな想像力を働かせて
行動を躊躇ったり、せっかくの可能性を閉ざしてしまうのは、全て自分自身です。
勇気を持って一歩前に踏み出すことを、誰も邪魔なんかしないものです!…と、
経験を踏まえて語られる彼女の言葉には、確かな実感が込められていました。

***
『私は無敵!』 のエントリーにも書かせていただきましたが…
この世には、自分の外側に「敵」なんて存在しないと、私も思います。

それなのに、多くの人が自ら敵を作りたがるのは何故?
国が、民族が、平和を説くはずの宗教までが… 仮想の敵を作りたがるのは何故?
怖がらなくても、心配しなくても、誰もあなたを苛めないし襲わないし奪わない。
恐怖は恐怖を呼び、争いは争いを招き、疑う心はさらに疑いを招きます。

そのままで充分幸せになれるのに、幸せを拒むのは、何故?
怖がらないで… あなたは守られているのだから。
あなたの心を傷つけることは、誰にもできない。あなた以外には。

何度も言います。あなたは無敵です!! …あなたが、そう望みさえすれば。
[PR]

by palty-yuria | 2008-03-26 12:41 | 伝えたい事

聖女の贈り物

f0077595_11443523.jpg
久しぶりに風邪でダウンしてしまったので、昨日・今日と仕事をお休みして
一日のほとんどの時間をベッドの中で、まったり過ごしております。

今朝、縷衣香さんから届いた小包は、心がわくわく浮き立つような素敵な贈り物。
本やお菓子や、美しいペンダント・トップが綺麗にラッピングされて入っていました。
その本(「母と旅した900日」)は、縷衣香さんが日記に書かれていたのを拝見して
「私も読みたいです!」とコメントさせて頂いたら、有難くも贈って下さったのです。

縷衣香さん、豆菓子はスグに封を切って1袋全部、一気にいただきました。
黒豆は私の大好物。ほんのり甘くて柔らかく、とても美味しかったです♪
ペンダント・トップとしても使えるアンティーク調のメダルには
聖母マリアとルルドの聖ベルナデッタが、浮き彫りで描かれています。
深みのあるブルーの色調と、シンプルな線のレリーフが素晴らしいです!
お守りとして、大切に身につけさせていただきますね。ありがとうございます!!
f0077595_1332287.jpg
      【どれもみな、不思議なご縁に結ばれて私の元に来てくれた大切な宝物】

せっかく仕事をサボッてお休みして、1日ゆっくり過ごせるのだから…と
心地良いベッドの中、毛布に包まって一気に読み終え、そして涙しました。

「母と旅した900日」
 (ユ ヒョンミン / ランダムハウス講談社)

この物語は実話(中国全土が涙した感動のノンフィクション)です。
そして、翻訳されたのは、拉致被害者の蓮池薫さんです。

※参考記事
蓮池さん、母子の旅を翻訳 「親子のきずな感じて」 山陽新聞WEBニュースより

私の拙い感想をつらつら述べるより、是非皆さんにも読んで頂きたい!
この本を読み終えた今は、ひたすらそんな気持ちです。

「一瞬たりとも愛さずに生きることはできません」 聖ベルナデッタ
[PR]

by palty-yuria | 2008-03-18 15:33 | 頂き物 ・ご褒美

涙の後に虹を見た

f0077595_1939165.jpg
この頃、つくづく思い知ったのは…
苦労や哀しみは、すべて「賜り物」だということ。
世に言う「不幸」はすべからく、神様の贈り物。

病気をしたから、健康の有難さが身に沁みてわかった。
これからは、もっと体を大切にしようと誓った。
瞑想やヨガやヒーリングで、心の平穏を得ることができた。
食生活の改革を成し遂げ、持病を克服することもできた。

入院したから、退院して外を歩けるだけで嬉しかった。
高熱がやっと下がって、1週間ぶりに髪を洗ってもらった時
「お湯って、こんなに気持ちいいんだ。」
「人の手って、こんなに優しいんだ」と、心から感謝した。

病気は、介護や、人を癒す術を学ぶキッカケとなってくれた。

貧乏をしたから、お金の大切さが本当の意味でわかった。
物心両面で応援して下さった周囲の優しさに、涙した。
私も同じように、誰かのお役に立ちたい!…と心から思った。

若い頃から1人暮らしで色々な苦労をしてきたから、
部屋代を払えるだけで超幸せってことがわかった!(笑)
米粒一つ、大根のヘタ一つ、無駄にしない生活ができた。
それまで養ってくれた両親への感謝が湧き上ってきた。
支えてくれる家族の存在の大きさを、改めて感じた。

殺されかけたから、平穏無事がどんなに貴重なことかわかった。
殴られた事があるから、決して人を殴るまいと思った。
苛められたから、人をいじめることの空しさと哀しみを知った。
大切な人を失ったから、命の尊さを知り、永遠なる存在を知った。

怪我をしたから、肉体の全てに、しみじみと愛しさが募った。
指一本使えなくてもどんなに不自由か体験できたから、
不自由な状態にある人達の苦労が、少しは感じられた。
苦労にめげず前向きに努力する人々へ、深い敬意を覚えた。

顔をケガした時は、見た目に左右されない人の優しさを知った。
批判されたから、心の痛みを知り、自分は人を裁くまいと思った。

---
神様がいつもご覧になって下さっていることがわかったから
私はいつも安心して、のびのびと暮らすことができる。
何も怖れるものはない、心配することもない、嘆くこともない。

あなたが私を愛して下さったから、私は私でいられるのです。
[PR]

by palty-yuria | 2008-03-10 19:34 | 心の詩

花粉症は、誰のせい? (再掲)

f0077595_17453181.jpg
花粉症やアトピー、喘息などのアレルギー症状を
食生活の改善と、心身の冷えを解消することで、
ほぼ克服した経験を持つ、私からのメッセージです。

⇒ 花粉症は、誰のせい? (2007年2月21日の日記より、再掲)


フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!

ハーヴィー・ダイアモンド /グスコー出版

断食療法50年で見えてきたもの
―人類は愛と慈悲の少食へと進化する

甲田 光雄 / 春秋社

<マクロビオティック>
からだの内側から美しくなる玄米と野菜のレシピ料理105品

/ 日本実業出版社


※写真撮影 by Mさん (紅葉と四季桜)
[PR]

by palty-yuria | 2008-03-07 22:22 | 健やかに美しく

カインの末裔と注文を忘れる料理店

f0077595_0163799.jpg
劇団四季のミュージカル、「ライオンキング」は、最高に素晴らしかったです!!
菊やっこさん、今宵はお招きを頂きまして、誠にありがとうございます!!!(#^.^#)

More
[PR]

by palty-yuria | 2008-03-02 00:11 | 知性と感性と