カテゴリ:こころの奥深く( 140 )

花の命

f0077595_10545339.jpg
5月24日に活けた薔薇の中の一輪が、まだ元気に咲いてくれています。
花弁に触れてみたら、しっとりと柔らかくみずみずしいのでびっくり!
私も薔薇の花のように咲き、薔薇のように散っていきたい。

私らしく、自分の信じるところの「美」を実現したい思う。

自分の好きなところや、自信のあるところを語ることは、自慢しているように思われがちですが
私はそうは思いません。自分の嫌いなところや欠点を卑下するより、ずっといいと思うのです。

自分が好きだから、自分をもっと高めたくて努力もできる。
自分が好きだから、体も心も、もっと健やかに美しくありたいと思う。
自分が好きだから、他の人のことも自分と同じように大好きになれる!

私はどうせ〇〇だから、とか 僕はどうせ〇〇だから、、、 とか
一見謙遜しているように見えて、実は自分にも他人にも言い訳をして開き直っているような。
「そんなに短所を自覚しているのなら直す努力をすればいいのでは?」と、思ってしまう。

私は前向きで明るい自分が大好きだし、自分の長所を数えたらキリがないくらい語れます。(笑)
短所は自分では普段あまり意識してなくて、でも、人から指摘されたら・・
「そうか~ そうなんだ」と一瞬落ち込んで(笑)、反省をして出来る限りよくなりたいと頑張る!!
少なくとも、自分でも「ここは直すべき・改めるべき」だと心から思えた場合は、そうしています。

あいにく今日は生理痛で(更年期かも!?爆)… 朝からぐったりしておりますが~(^_^;
朝ご飯は自分でちゃんと作って食べたし、洗濯もしたから「偉いぞワタシ」と褒めてあげよう。
「でも、もうちょっと頑張ってみようよ!」と声援を送って、自分にカツを入れることも忘れずに。

花の命は長さじゃなくて、どれだけ輝けたかってことだから、
生きてる間は、精一杯咲いて、輝いていたいと思うのです。
[PR]

by palty-yuria | 2011-06-13 11:20 | こころの奥深く

命輝く路傍の花

私は毎朝生まれ変わる。
昨日どんな失敗や過ちをおかしても、それは昨日までの私がしたこと。
眠りに就く前の静かなひと時にしっかり反省をして、私は自分を許しました。
f0077595_5472314.jpg
花に美を見出すことを通じて、
人類はほんの束の間であれ、
自分の最も内なる存在の核心にある
美や本質に目覚めるのではないか。
(エックハルト・トール著「ニュー・アース」より)
f0077595_5472342.jpg
目が覚めて、初めて人は自分がずっと眠っていたことを知る。
そして、一段高い場所に到達して初めて、今まで歩いてきた道のりを知ることができる。
時々立ち止まって後ろを振り返ったり、しゃがんで足元の草花を眺めたり、小石を拾ったり・・・
人生におけるどんな瞬間にも確かな意味があることを、私もきっといつか知るだろう。
今日は雨。本を読んだり、雨音を聴きながら部屋の中を片づけたりして、静かな時間を持ちたいと思います。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

エックハルト・トール / サンマーク出版


[PR]

by palty-yuria | 2011-06-11 05:33 | こころの奥深く

生かされている者として、生きる。

ランチも野菜中心に、シンプルに。
f0077595_1503195.jpg
大根とキュウリの和風ドレッシングサラダ。
f0077595_1503186.jpg
ポテトと玉ねぎのほくほく炒め。
f0077595_150312.jpg
白い花の木に蝶がたくさん集まっていました。
f0077595_1503182.jpg
わがもの顔に振る舞って地球を汚すのは、人間だけ。
f0077595_1503126.jpg
万物の霊長として、恥ずかしくない行いをしたいものです。
[PR]

by palty-yuria | 2011-06-03 15:00 | こころの奥深く

怖れることは何もない

今朝は鈴木美保子さんの「宇宙心」を紐解いてみます。
f0077595_7264529.jpg
***** 一部抜粋して引用させていただきました *****

私たちが関心を向けるべきは、消えゆく森でも、傷ついた鯨でも、汚れた海ですらありません。
それらはすべて私たちの心の表れなのですから、
私たちが本当に清めるべき、癒すべき、取り戻すべきは私たちの心そのままです。
神様がよしとされる、創造のときと同じ素のままの心です。
時間切れになる前に、何としても心のフィルターを変えなくてはいけません。
今ほど行動が必要とされているときはないのです。

地球規模の浄化とはまず、
他ならぬ私たちが
どれだけ自分を浄化できるかにかかっているのです。


まずは徹底した自己浄化から始めましょう。

(中略)
二十一世紀は本物の時代、心の時代です。本物の愛の時代です。
もはや偽善は通用しません。
そういったメンタリティではもう機能できなくなっています。
いま私たちは、まったく新しい法則の下に機能する新たな世界への橋を渡ろうとしています。
その新世紀に移れるかどうか、それは私たちの心のフィルターの選択ひとつにかかっているのです。

今、地球は変遷の時を迎え、ものごとがかつてない猛スピードで具象化していきます。
この星のグリッド(網)そのものがもう変わっているのです。
天を仰いでみてください。
宇宙のエネルギーが大きくシフトしているのを感じませんか?
新しい気が天からどんどん降り注いでいるのを感じませんか?

2002年までは宇宙文明の夜明け前、いわば前夜祭でした。
リハーサルは終わって、本番はこれからです。

新しい地球は、新たな宇宙意識の波動に乗れる人にとっては
もうすでにいま、ここにあるのです。


真心からの愛を現せば、
どんな浄化もくぐり抜けられることでしょう。
光りを灯し続けましょう。


***** 引用終わり *****

将来に不安を覚えたり、怖れることはありません。
そして、誰かを非難したり攻撃する理由は全くないことに気づきましょう。
すべては自分しだい。改めるべきは(他人ではなく)、自分自身の心です。

美しい言葉や思い遣りに溢れる優しい言葉を使えば、まず自分の耳が喜びます!
口から出すものは、口に入れるものと同じくらい(もしかしたらそれ以上に)大事です。
人は毎日心に思うことや口に出す言葉によって人格が作られ、姿形まで変わってきます。
あなたが今置かれている状況や周囲の環境は全て、過去の思いが現れた「結果」だから
社会に不満を言ったり、人を責めたり批判するのはお門違い。
今のこの世の中を創ったのは私自身でもある。 わたしは、そう思います。
だからこそ、世界を変えられるのも私。
わたしにもあなたにも、私たち一人一人に、その力があるのです。

光りを灯し続けましょう!

宇宙心―宇宙時代を幕明けた無名の聖者からのメッセージ

鈴木 美保子 / 明窓出版


[PR]

by palty-yuria | 2011-05-28 07:41 | こころの奥深く

愛は許す

たぶん10年以上ぶりに、高橋信次さんの著書の一冊を読み返しています。(以下引用です)
f0077595_9255165.jpg
「心の原点」(高橋信次)より

大自然の支配者である神は、公平にして無私、
人もまた、平等にして差別のない心の所有者である。

それなのに、人の世は能力の別、好みの別、体力の別、知識の別、節度の別、
生まれた環境の別があり、喜怒哀楽にも、相違が出ているのはなぜだろうか?

働く者とその義務を怠る者、行動する者と傍観する者、学ぶ者と享楽に耽る者、
今日に生きる者と明日を楽しむ者、健康な者と病弱な者、自分にきびしい者と
人を責める者、愛情深い者と薄い者、和合を旨とする者と争いの種を蒔く者、
謙虚な者と自分を高く見せようとする者、責任を果たす者と依頼心の強い者、
足ることを知る者と欲深き者…。
こうした相違が、平等であるべき人間に不平等を造り出している。

しかし、神は、決して人間を不平等には扱ってはいない。
自らの心に思うことと行うことの調和度がその人をつくり、
正しい者達の心には、光明が射し、安らぎに包まれるのである。

(中略)

神は、平等に、慈愛の光をそそいでいる。
それを、受けるか受けないかは、
その人の心と行いによるだろう。
愛とは、寛容である。包容力である。
許すことである。


もし、この地上に愛がなければ、人の世は、水のない砂漠を行く旅人のように、
飢渇に泣き、他をかえりみるいとますらないであろう。

愛は助け合い、補い合い、かばい合い、許し合う、そのなかに生きている。
愛は、神の光なのである。地上の灯なのである。
f0077595_9255199.jpg

心の原点―失われた仏智の再発見 (心と人間シリーズ)

高橋 信次 / 三宝出版


[PR]

by palty-yuria | 2011-05-27 09:49 | こころの奥深く

公園にて

公園に響く子供たちの楽しげな歓声が、ずっと続きますように。
f0077595_15563493.jpg
瑞々しい木々の緑と色とりどりの美しい花々。ずっとずっと見られますように。
f0077595_15563483.jpg
まこさ~ん、また宿題が出来ましヨン!!(^_-)
f0077595_15563435.jpg
この春、姉の長女に2人目が生まれました。とても可愛い男の子です。
f0077595_15563418.jpg
姪っ子達と、彼女らの子供たちの未来が明るいものでありますように。
[PR]

by palty-yuria | 2011-05-26 15:56 | こころの奥深く

セオリツ姫も此処に在り

f0077595_20404880.jpg

瀬織津姫

山下和美 / インディーズ・メーカー


[PR]

by palty-yuria | 2011-05-23 20:40 | こころの奥深く

愛しき日々よ

両親に送る写真を追加でオーダーしようとブログをさかのぼっていたら…
懐かしき日々が次々と甦り、胸がキュンキュンしてきました。
f0077595_8144910.jpg
まだまだ元気でシャキッとしていた頃の母。頭上には虹色の光のシャワーが!
当時は父のお見舞い(と洗濯物の補充)に、降っても晴れても毎日母と歩いて電車に乗って通いました。
f0077595_8152398.jpg
テーブルの上のイカを虎視眈々と狙うクロちゃん。愛嬌たっぷり!!
f0077595_8155511.jpg
姪っ子(姉の次女)が手伝いて来てくれていた頃は3人で父のお見舞いに。
孫に対して冷たくて怒ってばかりの母と姪との板挟みにあって辛いこともあったけど…
今となれば本当に懐かしく、キラキラと輝く愛しき日々でした。
f0077595_8162580.jpg
病院の廊下を歩行器につかまってリハビリをする父と母の後ろ姿。
先の見通しが全く立たず、これから何年介護が続くかわからない状況でしたが毎日が充実してました!
f0077595_8174586.jpg
そしてそして、なんといってもこのふたり。
しまちゃんとクロちゃんが居てくれたからこそ、私はいつも笑顔で頑張れたのです。
ありがとう、しまちゃん、クロちゃん。いつまでも、ずっと愛しているからね!!!
[PR]

by palty-yuria | 2011-05-08 08:22 | こころの奥深く

原点回帰月間

わたしが大切にしているもの、大切に思っているものイロイロ。
f0077595_10353557.jpg
私の心の奥底の… 小さな扉が開かれたキッカケになった、日本の神々の物語。
日本人として知っておきたいこともあるけど、そんな理由じゃなくても子供の頃から大好きでした。
昨日から「アマテラス」と並行して日本神話の本を何冊か読み直してみています。
日本だけじゃなく、ギリシャ神話や古代エジプト、南米や北欧、アジアの神々についても…
もっともっと広く深く知りたいと思います。生きてるうちに、好奇心が溢れている間に!!
f0077595_10353597.jpg
朝の光を浴びた美味しいお水と、愛用のメープルシロップ♪
お水は浄水器から毎晩ブルーボトルに入れ替えて、朝陽のあたる窓際に置いておきます。
早朝の太陽の光には特別のパワーがあるようで、美しい緑色のオーラが輝いています!!
f0077595_10353549.jpg
そしてもちろん、しまちゃん&クロちゃん。2人は今日もキュートで元気!(#^.^#)
f0077595_10353525.jpg
大好きなため池と澄み切った冬の青空!いつ見ても清々しいです!!
頬にあたる風は冷たく寒いけど、明るい光が街中に満ちて、この世界はこのままで天国だと思います。
[PR]

by palty-yuria | 2011-01-11 11:11 | こころの奥深く

失う前に気づきたい大切なもの

昨日、うっかり右手の指先を怪我してしまいました。
大した怪我ではないのですが、一部皮がなくなって肉が見えている状態なので
しくしくと痛くてキーボードを打つにも苦労しています。
f0077595_10142898.jpg
こんな些細な怪我でも、「何事もなく普通に暮らせている幸せ」に気づくことができます。
指先一つ負傷しても、髪を洗ったり、コンタクトレンズを入れる時は不自由しますものね~。
今日は疲れも出ているので、外出の予定は取りやめにして一日ゆっくり休養します。

人はとかく、失って初めて「大切なもの(や人)」のありがたみに気づかされます。
それ自体は決して無駄な過ちではなく、大切な経験の一つだと思いますが…
一度学んだことはしっかりと心に刻み、同じ失敗は繰り返さないようにしたいものです。

健康も、失う前に守りましょう!その肉体はかけがえのない、神さまからの預かりものです。
身体も心も同じように大切にしよう。大切な人を愛するように、自分自身も慈しみましょう。
[PR]

by palty-yuria | 2010-12-11 10:14 | こころの奥深く