ずっと考えていた、「神さま」のこと

f0077595_133258.jpg
クリスマスライブのご紹介させていただいたお友達のTAKAMIさんのブログ
最近「神さまのこと」というタイトルの記事がエントリーされていました。
私もコメント書きたかったけど、思いをうまく文章にまとめることができなくて。
でも心の中では、ここのところ毎日、コメントを書いていたような気がします。

私にとっての神さまは… 
宗教的な意味合いの、拝んだり、ただ崇めたりする対象ではなく
いつも寄り添ってくれる影法師クンや、守護して下さっている方々も
全て含めて、はかり知れない大きな愛で包み込んでくれる
いつでもどこでもあまねく存在する「大いなるもの」、そのものです。

それは宇宙であり、生命。
道端で可憐に咲く花や小さな虫達にも、宿っている。
そして、命があってもなくても、どんなものにも息づいている。

もちろん、この私の中にも。

1日の終わりに反省と感謝の祈りを捧げる対象も神様 …といえるし、
宇宙全体を司る「意思」「法則」も、私にとっては、神様 かもしれない。

狭義だろうと広義だろうと、愛(光)の源泉であることに、かわりはない。

自ずと頭を垂れて祈るとき、
人智では計り知れないものへの畏敬の念がわいてくる… それが、神さま。
数えられない。言葉で表現しきれない。時空を超えて存在する。

それが、わたしの神さま。
[PR]

by palty-yuria | 2008-11-07 13:33 | こころの奥深く