融けた氷

f0077595_155352.jpg
私の片肺には、小さな氷がありました。
子供の頃から、レントゲン検査のたびに見つかる黒い影がそれです。



新月の日の明け方に見た夢。

19世紀のヨーロッパの、とある港町に、私はいる。
まるでモネの「日傘を差す女」のような装いで、髪を高く結い上げている。
傍らには、ふっくらとした頬に幼さの残る最愛の息子。
ブロンドの髪を肩の上で切りそろえ、碧い瞳。半ズボン姿が可愛い。

肌が少し汗ばんでいる。 季節は初夏、だろうか?

私は、旅立つ息子を見送りに来た。
彼との別れを納得できないまま、港まで来てしまった。
歳の離れた初老の夫への怒りを押し殺し (夫には逆らえない)
彼の命ずるままに、まだ幼い愛する者を遠くに送り出すために。

怒りと悲しみに心は千々に乱れ、今にも張り裂けてしまいそうだ。

息子は新しい旅立ちに浮かれ、屈託の無い明るい笑顔で母を見上げる。
  「上着を脱いでも、いい?」 「いいけど、海に落とさないでね」
上着を腕にかけ、船へ向かって歩き始めた息子の大人びた様子が切なく心を打つ。
陽光の射すタラップを、一歩ずつ上がっていく彼の足元を見送りながら・・・
絶望感でふらつく私は、この世に一人ぼっち。

  (彼とは、これが今生の別れとなるのに、どうして私は止められなかったのだろう?)

もう一人の私が、スクリーンを眺める他者のように、語り始める。

  私はその後、二度と戻らぬ息子を思いながら、悲しみと後悔の生涯を送りました。
  まだ若くして・・・ 悲嘆のあまり肺を病み、血を吐いて亡くなりました。
  その後の生においても、深い悲しみは癒えることなく、凍りついた涙は肺に留まり続け
  生まれながらに片肺に影(氷)を抱いたまま、人生をやり直すことになりました。

その氷が融け始めて、もう数年。
私が今世に生まれてきたのは、最愛の彼と、また巡り会うためだったのでしょうか。
[PR]

by palty-yuria | 2006-05-28 15:09 | 夢日記