命輝く路傍の花

私は毎朝生まれ変わる。
昨日どんな失敗や過ちをおかしても、それは昨日までの私がしたこと。
眠りに就く前の静かなひと時にしっかり反省をして、私は自分を許しました。
f0077595_5472314.jpg
花に美を見出すことを通じて、
人類はほんの束の間であれ、
自分の最も内なる存在の核心にある
美や本質に目覚めるのではないか。
(エックハルト・トール著「ニュー・アース」より)
f0077595_5472342.jpg
目が覚めて、初めて人は自分がずっと眠っていたことを知る。
そして、一段高い場所に到達して初めて、今まで歩いてきた道のりを知ることができる。
時々立ち止まって後ろを振り返ったり、しゃがんで足元の草花を眺めたり、小石を拾ったり・・・
人生におけるどんな瞬間にも確かな意味があることを、私もきっといつか知るだろう。
今日は雨。本を読んだり、雨音を聴きながら部屋の中を片づけたりして、静かな時間を持ちたいと思います。

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

エックハルト・トール / サンマーク出版


[PR]

by palty-yuria | 2011-06-11 05:33 | こころの奥深く