思い患うことなかれ

「神とひとつになること」 P173~P174より、一部抜粋して転載させていただきました。
f0077595_13211072.jpg
何を食べようかと思いわずらうな。
何を飲もうかと思いわずらうな。
空の鳥たちを見てごらん。撒かず、刈らず、
納屋に集めることもないが、養われている。
あなたがたは心配したからといって、
生命に何かを加えることができるだろうか?
f0077595_13262100.jpg
また、何を着ようかと思いわずらうな。
野のユリが、いかに育つかを見てごらん。
働きもせず、紡ぎもしない。
だが、栄華をきわめたソロモンでも、
野のユリのひとつほどにも着飾ってはいなかった。

f0077595_13235591.jpg
だから、まず天の王国を求めなさい。
そうすれば、すべては与えられる。

では、神の王国を求めるにはどうするか?
天の王国をひとに与えてやりなさい。
ほかのひとが避難所と力を見いだす天の王国になりなさい。
人生でふれあうすべてのひとに、
天の王国とその祝福のいっさいを与えてやりなさい。
与えれば、あなたはそのものになれる。

このことをいつも覚えておきなさい。 
・・・与えれば、あなたはそのものになれる。


※画像は全て、群馬県高崎市で撮影した写真です。

神とひとつになること

ニール・ドナルド ウォルシュ / サンマーク出版


[PR]

by palty-yuria | 2010-08-21 13:41 | こころの奥深く