原点

20年前。大切なものが、まだ何一つ見えていなかった頃の私に
「光への道」があることを教えてくれた人生の師が、高橋信次さんでした。
f0077595_911910.jpg
目に見えない世界が確かに在ることと、
目に見える世界で、地に足をつけて懸命に生きること。

氏曰く・・
「信仰とは、神仏を拝むことでもなく、お経を上げることでもない。
 他人に嘘はつけても自分の心に嘘はつけぬ。
 嘘をつけない自分の心に忠実なこと、信じること = これが信仰だ。」


どんなに博学で頭が良くても、外見が良くてお金をたくさん持っていても
自分(の心身)や人に正直で優しくなければ、何の意味も持たないのだと
つくづく思う今日この頃。人間の真価と進化について、よく考えています。

人生の分岐点を迎えた今、またこの本を読み返したくなりました。

般若心経に内在された叡智の一端を垣間見る時…
私の心は大きく拡がって宇宙と一体になれたような
たとえようのない心の平安を得ることができるのです。
f0077595_911103.jpg

原説般若心経 新装改訂版―内在された叡知の究明 (心と人間シリーズ)

高橋 信次 / 三宝出版


当時の私は、氏の全ての著作を、何度も繰り返し読みふけりましたが…
中でも「人間・釈迦」の4部作は、幾度読み返しても涙で文字が見えなくなるほど
私の魂を根底から揺り動かして、その後の人生の道筋を一変させた、大切な本です。

人間・釈迦 1 新装改訂版 (心と人間シリーズ)

高橋 信次 / 三宝出版


父の病状は、いまだ回復に至らず、咳と痰、発熱が続いています。
お医者様とは連絡を取り合っていますので、このまま様子をみて
午後になっても熱が下がらなければ、往診をお願いしようかと…
私は(かなりへばっていますが)元気なので、ご安心くださいね!
父も意外と元気で、食欲も衰えず、時々起きてテレビを観ています。

いつもコメントをお寄せくださる皆さまへ、心から感謝してます。
本当に、すごく励まされています。ありがとう。
[PR]

by palty-yuria | 2010-05-23 09:23 | こころの奥深く