願いはすべて聞きとどけられた

久しぶりに、アパートに来ています(^^♪
着替えを取りにきただけなので、すぐ戻らなきゃならないけど。
何となく昔のブログ(私のブログとしては、たぶん4つ目)が気になって
幾つかの記事を読み返していたら、大好きな詩が目に留まりましたので
(過去に何度も様々なブログでご紹介させていただきましたが…)
改めてもう一度同じ記事を、ココに掲載させていただきます。

~以下全文、旧ブログ「谷間の百合」 より 
「あらゆることを喜べるようにと、命を授かった」(2008年05月01日掲載)を再掲~


f0077595_19443815.jpg

「グリフィンの祈り」

大きなことを成し遂げるために、
力を与えてほしいと神に求めたのに、
謙虚さを学ぶようにと、弱さを授かった

偉大なことができるように健康を求めたのに、
より良きことをするようにと、病気をたまわった

幸せになろうと、富を求めたのに、
賢明であるようにと、貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、
得意にならないようにと、失敗を授かった

人生を享受しようとしてあらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるようにと、命を授かった

求めたものはひとつとして、与えられなかったが、
願いはすべて聞きとどけられた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、
心の中の言い表せない祈りは、すべて叶えられた

私はもっとも豊かに祝福されたのだ


***  ***  ***  ***  ***
誰かが何かをしてくれたら、「ありがとう」と言うのは当たり前。
嬉しいことや楽しい事があったら感謝するのも、当たり前。
何もない普通の日常に感謝するのも、これまた、当たり前。(笑)

たとえ、傍目には苦労と映る出来事に遭遇したとしても…
悲しい別れや病苦や貧困が、この身を訪れたとしても…
全ての事象を「賜りもの」「授かりもの」として、感謝できるかどうか。

投げかけたものは自分に返ってくるし、蒔いた種は自らが刈り取る。
宇宙の法則は普遍的で、誰にも平等だから。
もう私には恐れるものは何もない。不安も不満も心配ごとも。

この身を天にゆだねたら、後はもう、ゆるゆるゆったりのんびりと…
次に何が訪れるのかとワクワクしながら、死ぬまで楽しく生きましょう。
[PR]

by palty-yuria | 2010-03-19 19:33 | こころの奥深く