ゆりあ改造計画(3) 「もっと歩く!」

※この記事は、ゆりあ改造計画(1)「髪を切る」ゆりあ改造計画(2)「体を絞る」の続編です。
f0077595_9185685.jpg
画像は14~5年昔、たぶん35歳くらいの頃に、大学生のBFと京都旅行をした時の写真です。(上)
で、こっち(下)の画像はその数年後。女友達と岩手旅行した時の写真。どっちも短パンやん!(笑)
f0077595_10585823.jpg
体重は今より多かったはずなのに… 足は(当然ウエストも)、今よりずっと細かったんだ~。
今だって、決して太くはないけれど、筋肉が少ない分、l締まりがないっていうか…。(^_^;
「歳をとった」と言えばそれで終わってしまうのですが、たぶん加齢だけが原因じゃないはず。

当時は東京の国分寺で暮らしていて、JR中央線と京王線を乗り継いで、毎日通勤していたので
考えてみれば、今よりも運動量はあったと思います。休日はたいていデートで歩き回ってたし!
都会生活は意外と歩く事が多く、何度も階段を上り下りしたり、足腰が鍛えられていたのでしょう。

それに加えて、ここ10年くらい「冷えとり健康法」を実践していることもあって、足を見せるような服
(短パンやミニスカート)を着なくなって、人目に晒されなくなったっていうのも大きいよね。きっと!
今となっては、たとえ美脚を取り戻しても、賞賛してくれるBFや恋人は、いないのですが~ (^_^;

私は “自分自身の為に”、いつまでも「健やかで美しく」ありたいと思います。

足は第二の心臓だから、外歩きに最適な季節を迎え、もっともっと歩きましょう!
今後は出来る限り、週に一日でもいいから両親にお休みをもらってウォーキングします。
幸い、ハイキングにぴったりの山が、アパートからの徒歩圏内にいくつかあります。
歩くことは一つの「行」とも言え、瞑想効果もあるから、心の健康にもきっと良いはず。
やればやるだけ気持ちいいヨガやストレッチも、これからもっと、キッチリやります!!

これから先の私の人生。
両親の介護がこれから何年何十年続くかわかりませんが… その後、フリーになった時
疲れ果ててボロボロの自分じゃ、哀しいもん。自分の体を健康に保てるのは、自分だけ。
心を込めてちゃんとケアして労わって、いくつになっても潤いと輝きを失わない私でいよう。
そして、何歳になっても「恋愛可能(笑)」であり続けよう。いつまでも私らしく生きていこう!

49歳の秋。私は決意を新たにしたのでありました。(^-^)
[PR]

by palty-yuria | 2009-09-27 09:57 | 健やかに美しく