幸せの引寄せ方(2) ~今の暮らしを慈しむ

この記事は、【幸せの引寄せ方(1) ~豊かさを引寄せる】の続編です。
f0077595_957466.jpg
実家での朝の家事が終わったので、買い物の途中でアパートに寄って
今日は寝室の掃除とベッドメイキングをしました。(毎日少しずつ片付けるようにしています)
エアコンの無い部屋でも心地良い眠りが得られるように、シーツや枕カバーなどの寝具を
すべて夏向きのものに替え、“お気に入りの”ネグリジェを衣装ケースから出してきました。
ずっとしまっていたのでクシャクシャですが…(笑)、これから洗濯いたします~(^・^)
f0077595_15342790.jpg
“お気に入り”や大切なものに囲まれて、自分も綺麗にしていると気分が良くなりますし
大切な人達や美しい景色を心に思い描くだけでも、とても穏やかな気持ちになれます。

例えばもし、あなたが病気や何かで好きな場所に出かけられない境遇だとしても…
(両親の介護中である私もそうですが)、楽しい事を想像することは誰だってできるし、
心の中ではどこに行くことも、誰と会うこともできる。
思考はあなただけの自由な世界。何の束縛も制限もない、あなただけのものなのです。

豊かさを引寄せる最もシンプルな方法は、出来るだけ長く「いい気分」で過ごすこと。
宇宙は(引寄せの法則は)、常にあなたの思考(気分)に反応し、同じ波動を引寄せます。
お金持ちがもっとお金持ちになり、貧乏な人がますます貧乏になるのは、なぜでしょう?
あなたが信じる信じないに関わらず、一つの宇宙の法則が、いつも働いているからです。

あなたには「こうなりたい」「こうしたい」という願望があるにも関わらず
いつも「望まないこと」ばかり、考えてはいませんか?
例えば、豊かになりたいと願いつつ、「お金がない」「貧乏だ」と考えてばかりいませんか?
その考えのせいで、憂鬱になったり不安で落ち込んだり、イライラしたりしていませんか?
それについて考えれば考えるほど、思考は強力になり、強い感情を引寄せるようになります。

望まないことは、考えないことです。
代わりに、望むことを考えましょう!


イヤな気分になったら、別のもっと楽しい事や素敵なことを考えましょう。
望むことを考え、実現したらどんなにいい気分か、先取りして感じましょう。
想像力を駆使して、まさに目の前で起こっているようにイメージするのです!
その時のワクワクした幸せな気分を “今” 味わうのです!!
豊かになりたければ、豊かな波動を出す。人間にはその力があります。


そうは言っても、今現実に私は貧乏なのに、悲惨な状況に置かれているのに
一体どうすれば「豊かな気分」になれるんだ!?
そう感じて疑問を持たれる方も多いでしょう。
その方法については、次回から一つずつ具体的に書いていきたいと思います。

あなたが今置かれている環境(境遇)は、過去のあなたの思考や感情の積み重ねが
同じような波動を引寄せて、カタチになって現われた、あなた自身の作品です。
まずは、自分が今どんな状況に置かれていて、どんな考えを持っているか…
どんな風に感じている時間が長いのかを、しっかりと見つめなおしてみて下さい。

いま、あなたはどんな気分ですか?

部屋の空気は清浄ですか? ⇒窓を開けて新鮮な空気を入れましょう。
整然とした美しい部屋にいますか? ⇒今すぐ部屋を片付けて、掃除をしましょう。
心地良さを感じていますか? ⇒花を飾ったり、美しい音楽を聴きましょう。
愛を実践していますか? ⇒後回しにしていた手紙やメールの返事を書きましょう。
幸せですか? ⇒恵まれた境遇や、嬉しかった事を一つ一つ思い出してみましょう。
自分を好きですか? ⇒得意な事や褒められた事、自信のある事、ありますよね!

これは一つの例です。 最初の一歩は、どんなことでもいいのです。
どんな時でも上手に気分転換ができて、常に「いい気分」でいる事が大切だから…
もし気分が鬱々と晴れなかったら、一番幸せな時はどんな時か思い出してみて下さい。
今いる場所を快適に整えて、お気に入りの服を着て、美味しいものを食べて、
可愛いペットと遊んだり、静かな場所に身をおいたり、自然の中に出かけたりして、
「いつだってハッピーになれる」自分だけのチャンネルを、積極的に探してみましょう!

もし、あなたが本当に豊かに、今よりもっと幸せになりたいのなら。

私自身は、実家とアパート、近所のスーパーか病院に行くだけの単調な毎日を
いかに幸せに、いかに心豊かに過ごし、笑顔で両親に向き合えるか。
その為には自分自身がいつも幸せを感じられないと、介護なんてできないから…
そんな気持ちが動機になって、「引寄せの法則」についての勉強を始めた次第です。
[PR]

by palty-yuria | 2009-07-11 11:11 | 知性と感性と