愛の波動を高めよう

f0077595_8222997.jpg
タイトルは、敬愛するアイリーン・キャディと、翻訳者の山川紘矢&山川亜希子夫妻のご本よりお借りしました。

愛の波動を高めよう―霊的成長のためのガイドブック

アイリーン キャディ / 日本教文社

この本を開いて、まず最初に目に飛び込んでくる言葉は・・・

 朝起きたとき、
 何かに行き詰ったとき、
 どうすればいいか迷ったとき、
 あなたの中の最も崇高な「内なる神」と対話してみましょう。
 心の中に「愛」を感じることはできますか。
 本書は、人生に愛とやすらぎをもたらす具体的な方法が
 わかりやすく書かれています。


私は何かに迷ったとき、「そこに愛はあるか?」を判断の指針としています。
父が倒れ母の認知症があきらかになったとき、仕事をやめて実家に戻る決意をしたのも
東京に戻らずこちらに残って、出来うる限り両親のそばで面倒をみると決めたのも
それが、心にこの問いを投げかけて得られた、たった一つの「こたえ」だったからです。

愛を指針に生きていく限り、いつか訪れる死をいたずらに恐れる必要はなくなります。
後悔のない人生を歩めるから。そして、自分の良心に胸をはれるから。
たとえ過ちがあったとしても反省をして、同じ過ちを繰り返さなければ良いのです。

※以下、第19章「神とひとつであること」(P62~63)より抜粋させていただきました。

 自分が神の中で生きていることに気がつくと、私たちはほっとリラックスします。
 何も恐れるものはありません。
 神はいつも私たちと共にいるからです。
 神のいやしの力が及ばない状況は存在しません。
 私たちを祝福し、変容させる神の力より大きな不調和もありません。 
 (中 略)
 私たちは神の存在の中に生かされています。
 神は私たちの中に生きています。
 私たちはずっと、神とひとつです。
 すべては完璧です。
 そして私たちの進む道は、なだらかで整然としています。


私は毎日「今日の色」を、朝の祈り(今日の健康と幸せに感謝!)の際、
閉じた瞼の裏側に浮かび上がってくる色で決めていますが、
今朝の色はマジェンタでした。ルビーの輝きを含んだ深みのあるピンクです。
だから今日の私の装いには、柄の中にマジェンタが入っています♪
そしてhanaさんを見習ってブログの文字にも、引用部分にピンクを使ってみました。
hanaさん、いつも素敵なインスピレーションをありがとうございます。(^・^)
[PR]

by palty-yuria | 2009-07-03 08:33 | こころの奥深く