夜咲く花は、思い出の花

f0077595_8443529.jpg
今日で忙しかった6月も終わり。夏越の大祓を、今年も迎えました。
(大祓は罪と穢れを祓い清める神事で、年2回、6月と12月の末日に行われます)
昨夜から父がまた熱を出し母も珍しく咳が出ているので、柔らかく煮たおうどんでも作ろうかと…。
半年の御礼を申し上げに参拝するのは、時間がないので後日に延期することにしましょう。
f0077595_8445063.jpg
明日から7月。各地で花火大会が催され始めると、懐かしい思い出が私を過去へと誘います。
以前暮らしていた志木のマンションからは、夏の間に数え切れないくらい、花火が観られました。
大山で一人暮らしをしていた頃も、近くの川原で何時間も座って打ち上げの時を待って…
途中で雨に降られて、シートごとびしょびしょに濡れて大笑いしたこともあったっけ。
f0077595_845399.jpg
去年は、高松市街が一望できる実家の2階の窓から、母と並んで花火を観ました。
いつも夕方寝てしまう母も、どーんどんという花火の音に目を覚まして楽しそうに眺めていました。
今年はどんな美しい花火が観られるのか… 迎える夏を楽しみに、私は待っています。
[PR]

by palty-yuria | 2009-06-30 08:33 | 旅日記・思い出万華鏡